お知らせ

投稿日:

中山大仏

蓮宗大本山法華経寺境内に建立された釈迦如来坐像である。通称「中山大仏」と呼ばれている。

享保4年(1719)、法華経寺第59世日禅上人のときに江戸神田鍋町の鋳物師太田駿河守藤原正義によって鋳造された。大きさは身の丈1丈6尺(約4.8m)、台座2間半(約4.5m)といわれている。

平成284月から平成303月まで保存修理が行われている[。

株式会社江川│コンクリート圧送│求人募集
〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田127-66
電話:047-458-0552 FAX:047-458-0552

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

薬師如来[浄光寺]

薬師如来[浄光寺]

熊本城が修復、被災後3年半ぶりに一般開放

熊本城が修復、被災後3年半ぶりに一般開放

2016年4月の熊本地震で被災し、立ち入り規制が続いていた熊本城(熊本市)の大天守周辺が5日、3年半 …

ベース打設現場…

ベース打設現場…

採用情報 お問い合わせ