お知らせ

投稿日:

奈良の大仏[市原市]

千葉県にある奈良の大仏(ならのだいぶつ)は、同県市原市奈良字大仏台に建立された釈迦如来像である。

歴史

編集初代は平安時代[1]、承平元年(931)に建立されたと伝えられる。下総付近で朝廷に対して反乱を起こした平将門が、新皇を名乗りこの地の北方にを模した自らのを構えた際、京の南の奈良東大寺の大仏を模して建立したもので、銅製だったとされる。

江戸時代中期の儒学者中村国香(1710年 – 1769年)が著した『房総志料』によれば、当時の奈良村には銅製の蘆舎那の露仏が存在していた。

その後何度か作り直され、現在のものは文化元年(1804)に建立された等身大(像高約1.7m)の石製立像である。

2011年3月の東日本大震災では像が台座から落ちて損壊した。しかし、市と住民が費用を折半して修復されることになり、11月に修復が完了した。

文化財

1974年(昭和49年)6月10日は市原市の名勝に指定されている。史実としての裏付けに欠けるため、史跡ではなく名勝として指定された。

株式会社江川│コンクリート圧送│求人募集
〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田127-66
電話:047-458-0552 FAX:047-458-0552

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【山中慎介ジャッジ】井上尚弥、パンチの破壊力を生かすハートの強さ

【山中慎介ジャッジ】井上尚弥、パンチの破…

◆プロボクシング 世界戦▽ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ バンタム級準決勝 ○WBA王者・井 …

朝2立ち上がり!

朝2立ち上がり!

会社の飲み会…

会社の飲み会…

採用情報 お問い合わせ