お知らせ

投稿日:

赤羽岩淵の大観音(正光寺)

聖観世音菩薩の像は3丈3尺(約10メートル)、明治3年(1870)、荒川の氾濫や疫病から逃れる祈願と、亡くなった人の供養をするために、住民が金品を出し合って観音像をつくることになりました。 寄進されたものは、銅鏡が100枚余、そして銀のかんざしや金の指輪などもあり、それにより完成したと伝えられる。

株式会社江川│コンクリート圧送│求人募集
〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田127-66
電話:047-458-0552 FAX:047-458-0552

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

最近の投稿

2021/04/21

ベース打設現場…

2021/04/21

土間打設…

2021/04/20

車庫土間打設現場…

2021/04/20

万願寺大仏[稲敷市]

2021/04/19

ベース打設…

採用情報 お問い合わせ