お知らせ

投稿日:

阿弥陀如来座像(西迎寺)新宿区


元禄7年(1694)旗本伏見勘七郎為智が父の供養のために、当時名鋳物師といわれた椎名伊予守良寛に製作させたものである。

青銅製で、像高237センチ、台座高135センチ、両手の親指と人差指で環をつくり膝の上で合せた「定印」を結んでいる。

区内の鋳造による阿弥陀如来座像としては規模が最も大きく、造立者や製作者が判明している点からも史料的価値が高い。

株式会社江川│コンクリート圧送│求人募集
〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田127-66
電話:047-458-0552 FAX:047-458-0552

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

ベース打設現場…

ベース打設現場…

日光・華厳の滝 水量55倍に 台風24号影響

日光・華厳の滝 水量55倍に 台風24号…

水量が通常の55倍になった華厳の滝=栃木県日光市で2018年10月2日午前9時31分、花野井誠撮影 …

マグロのトラえもん❗️

マグロのトラえもん❗&#x…

すごーく美味しかったー …

採用情報 お問い合わせ