お知らせ

投稿日:

鎌ケ谷大仏(鎌ケ谷市)


鎌ヶ谷大仏(かまがや だいぶつ)は、千葉県鎌ケ谷市にある大仏である。鋳造青銅製の釈迦如来像で、高さ1.80m、台座含めて2.30m

安永5年(1776年)11月、鎌ヶ谷宿に住む大国屋福田文右衛門が先祖の霊の冥福を祈るために、江戸神田の鋳物職人多川主膳に作らせた。

日本で大仏と称される仏像のうち、石像以外では最小との説がある。周辺には「大仏」を冠した商店街名(大仏商店会)や店名、商品名(コロッケなど)もある。住民の尊崇が篤く、太平洋戦争中の金属供出も拒否して守られた。

株式会社江川│コンクリート圧送│求人募集
〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田127-66
電話:047-458-0552 FAX:047-458-0552

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

築地市場、83年の歴史に幕 11日から移転先の豊洲で開業

築地市場、83年の歴史に幕 11日から移…

「日本の台所」として親しまれてきた築地市場(東京都中央区)が6日、最終営業日を迎えました。1935年 …

ベース打設現場…

ベース打設現場…

会津慈母大観音[若松市]

会津慈母大観音[若松市]

会津慈母大観音像は胎内巡りができる観音様です。 福島県会津若松市。国道49号線を走っていると見えてく …

採用情報 お問い合わせ