お知らせ

投稿日:

北海道・知床沖で新種のエビが発見される 「シラユキ」「シレトコ」「クレナイ」の3種類

アクアマリンふくしま(福島県いわき市)が、北海道知床半島羅臼沖で新種のエビ3種を発見したと発表。うち2種を1月18日から展示しています。


研究を行ったのは同館と千葉県立中央博物館・駒井智幸博士の共同チーム。新種のエビが3種も同時に発見されるのは珍しいことだそうです。


発見されたのは高級すしネタとして知られる「ラウスブドウエビ」の仲間。成長すると20センチほどになる大形のエビです。


3種のうち「シラユキモロトゲエビ」(タラバエビ科モロトゲエビ属/学名:Pandalopsis princeps Komai & Hibino, 2019)は、白色の体色が特徴。和名の「シラユキ」は羅臼町の小学生が考案した「白雪姫エビ」にちなんだものです。

株式会社江川│コンクリート圧送│求人募集
〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田127-66
電話:047-458-0552 FAX:047-458-0552

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

楽しい夜を…

楽しい夜を…

防湿土間打設現場…

防湿土間打設現場…

東京湾観音…

東京湾観音…

概要 市のほぼ中央、大坪山山頂に東京湾入り口に向かって建てられ高さは56メートルで、1961年に宇佐 …

採用情報 お問い合わせ