お知らせ

投稿日:

木造地蔵菩薩坐像(古河市)



 一躯、像高60cm、寄木造・玉眼(ぎょくがん)・漆箔(しっぱく)です。
円頂(えんちょう)で通肩(つうけん)の衲衣(のうえ)をまとい、両手を屈臂(くっぴ)し、右手に錫杖(しゃくじょう)、左手の掌に宝珠(ほうじゅ)を執り、右足を外に結跏趺坐(けっかふざ)しています。左眼は半眼(はんがん)、右眼は平眼の作りで、県内にその例を見ないものです。
衲衣(のうえ)の彫りは、小じわの感じまで気を配られていて、一応写実的で布らしい感じを見せていますが、全体的には装飾的形態が見うけられます。
製作年は南北朝時代から室町期にかけての中世後期と言われています。
なお、光背(こうはい)、台座は木造漆箔(しっぱく)で江戸期通常の構造になっています。
昭和46年(1971)、財団法人美術院で修理を行いました。




株式会社江川│コンクリート圧送│求人募集
〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田127-66
電話:047-458-0552 FAX:047-458-0552

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

土間打設…

土間打設…

西栄寺   観音菩薩立像

西栄寺 観音菩薩立像

 流山市内では数少ない、天文8年(西暦1539年)に作られた仏像です。高さが159.5センチメートル …

朝からお花畑 ╰(*´︶`*)╯♡

朝からお花畑 ╰(*´︶`*)╯♡

最近の投稿

2021/07/28

炒飯野菜炒め…

2021/07/28

ベース打設現場…

2021/07/28

虹…

2021/07/28

捨てコン打設現場…

2021/07/28

海…

採用情報 お問い合わせ