お知らせ

投稿日:

エンゼルス・大谷が、雄星に続きマエケンからも7号…2打席目は空三振で前田が意地

◆エンゼルス―ドジャース(11日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

ドジャース・前田健太投手(31)とエンゼルス・大谷翔平投手(24)が11日(日本時間12日)、エンゼルスタジアムで今季初対決した。初回2死走者なしで1打席目を迎えると、フルカウントから82マイル(約132キロ)のスライダーを右翼席へ運ぶ先取点の7号ソロを放った。2打席目は前田が空振り三振を奪った。

8日(日本時間9日)には雄星から6号ソロ本塁打を放った大谷。またしても日本人投手から一発を放った。打球角度が21度で打球速度が約174キロという弾丸ライナーでのホームラン。今季、大谷が初めて右翼に運んだ本塁打でもあった。

2打席目はマエケンが先輩として意地を見せた。2回2死一塁。3球連続ボールでカウントを悪くした右腕だったが、直球を低めに集めてフルカウントとすると、8球目にストンと落ちるチェンジアップを振らせて空振り三振を奪った。

日本では13~15年に3度対戦し、大谷が7打数2安打(2二塁打)、4三振。海を渡ってメジャーでは昨年7月6日(日本時間7日)に対戦して、空振り三振、遊飛とマエケンが、先輩の意地を見せていた。


株式会社江川│コンクリート圧送│求人募集
〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田127-66
電話:047-458-0552 FAX:047-458-0552

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

設置完了!

設置完了!

曲は塩屋崎

曲は塩屋崎

美空ひばりさんが昭和63年に出された「みだれ髪」。長期療養後の復活第一弾となり製作者の方々もかなり力 …

ベース打設現場…

ベース打設現場…

採用情報 お問い合わせ