お知らせ

投稿日:

釈迦如来[三鷹市]



春清寺の創建は慶長7年(1602年)、正式名を大原山春清禅寺と言います。

曹洞宗の寺院で本尊は釈迦如来ですが、境内で目を引くのがスリランカ風金色の大仏で、赤い衣を身につけています。他には庚申塔や青石塔婆、鐘楼、舎利塔(三層塔)などがあります。

春清寺の墓地にはひときわ立派な柴田勝重の墓があります。勝重は信長の家臣だった柴田勝家の孫で徳川家康に仕えました。家康から仙川の地を与えられ、島屋敷に陣屋を構えこの春清寺の改築を行い春清寺の中興開基となっています。柴田家の知行は80年程で終わり幕府の直轄地となりましたが、柴田家の墓地が現在も残っています。



釈迦如来

高さ 3.35メートル(座高) 

建立 昭和54年(1979年)

株式会社江川│コンクリート圧送│求人募集
〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田127-66
電話:047-458-0552 FAX:047-458-0552

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

2階スラブ現場…

2階スラブ現場…

昼1ベース現場…

昼1ベース現場…

黄金観音(円通寺)

黄金観音(円通寺)

かつて円通寺には秩父・板東・西国霊場の百体の観音像を安置した観音堂があったが、安政の大地震(1855 …

採用情報 お問い合わせ